merci-sweet 日々に与えられたお菓子たち
お菓子の開発をお仕事としている、元パティシエのシャルロットの奮闘しながらも、楽しく天から授かるお菓子の数々をご紹介します。「お菓子よありがとうー」お菓子は私のライフスタイルです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クッキー愛好部

最近クッキーばっかり作っているシャルロットです・・・・。


20060420001143.jpg
特に、現在玄米を使ったクッキーを試作中・・・・


そこで、おいしいクッキーの作り方をご紹介しますっ・


クッキーの食感の違いを楽しむ作り方{/kirakira/}


1 さくさくとしながらも、しっかりとしたクッキーを作りたかったら・・・・


バターと砂糖は泡立てません。
バターと砂糖をしゃもじなどですり混ぜる。あとは、卵などを加え、粉を入れる。



2 ほろほろっっとしたクッキーを作りたかったら・・・・


バターと砂糖をしっかりとホイップします。すんごく口当たりが軽くなります。とくに白っぽくなるまで攪拌すると、本当に生地自体もすごく柔らかいです{/kaeru_fine/}



3 さっくりクッキーを作りたかったら・・・・・・


バターと砂糖や粉をすりまぜ、さらさらにしてから卵類を加える。とくに、台にこすり付けるとすごくやりやすいです。


 


そして、クッキーを作るときの一番の注意点!!!


粉を入れたらあまり練らないこと。特に、生地が柔らかくなってくると中からバターが溶け出したサインです。バターが解け出ると、バター特有のサクサク感がなくなってしまいます。柔らかくなったらすぐに冷蔵庫に入れてバターを冷やしてください。そうするとすごく伸ばしやすくなります!!


配合ですが、卵は卵黄を使うタイプと卵白を使うタイプ。


卵黄を使うとこくがでてしっとりとしますが、卵白は逆に軽くなります。さっぱりとした口当たりに。


生クリームや牛乳、豆乳を入れてもできます。


卵を入れなくても、つなぎになるものがあれば特に問題はありません。クッキーはバターがたっぷり入るので、入れなくてもつながります・・・・。たまごアレルギーの方に最適ですねっ。卵がはいらなければ、かなりほろほろクッキーになりますよ。


シャルロットはもっぱら手動ではなく、ミキサーやフードプロセッサーなどでやってしまいますが、


手で作るのもすごく温かくていいですよ。お子さんとできるお菓子ですよね。


そして、一番おいしいクッキーの焼き方は、低温でじっくり焼くことです。


シャルロット推進の??温度は140℃から150℃です。


クッキーなどの乾燥したお菓子は低温でじっくりと焼くのがお菓子屋さんのポイントだと思います。時間はかかりますが、しっかり中まで焼ききります。焼ききることによって、粉くささがなくなりたべやすくなります。甘みも抑えられしっかりとした味わいになるのです。なので、多少こげる前くらいまで焼いたほうか風味がついておいしいと思っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。