merci-sweet 日々に与えられたお菓子たち
お菓子の開発をお仕事としている、元パティシエのシャルロットの奮闘しながらも、楽しく天から授かるお菓子の数々をご紹介します。「お菓子よありがとうー」お菓子は私のライフスタイルです。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パティシエは体力勝負ですっ
最近パティシエらしい仕事をしていなかったシャルロットですが・・・・。このクリスマスに1000台もののザッハトルテにチョコレートコーティングしたせいで、腕の付け根の腱鞘炎になってしまいました・・・・。本日病院にいった診断でございます。

この8年間のうち5年間はパティシエとして、職人としてもりもりと、男性には負けたくないという一心で、大ロットの生地を仕込んできた自称力持ちのシャルロットでしたが。やはり女の子だったんですね。職人としての毎日を終えた3年前から筋肉は衰えはじめ、体力も気力もおちてしまいました。

腕にも腱鞘炎があったとは・・・・。
腕と肩の筋肉のなさが、このような結果になるということ。これから、腕を鍛えねばならんです。


ところで、バレンタインデーでしたね。
某所の某デパートではたくさんの人人でにぎわってました。もちろん、シャルロットも参戦しました。作るのに。

ところで、このバレンタインデーにトラブル続出でして。

なんと、不振つづきのシャルロットの開発ケーキに光が・・・・!!
ベリーとチョコレートを組み合わせたオペラ風のケーキをチョコレートでプレゼント風に包んだケーキがテレビや広告で報道され、大反響を呼んだのです。もちろん、お店にも問い合わせが殺到・・・・。


でも


このケーキ作るのにめっちゃくちゃ大変なんですっ
チョコレートを板に伸ばして、少し固めて、はがして、巻きつけるというとおおっても、めんどくさいお仕事なんでございます。

その少し固めての見極めで、うまく巻けるか溶けるか。

なので、実際は100個しか作れず、問い合わせはその何倍だったそうです。

つうか、できなーならテレビに出すなっ


まるでシャルロットが悪いようなスタッフの視線。ほんといやでした


シャルロット的にはチョコレート細工は下手ながらも、好きな方なので考えたんですが、初めてするスタッフたちにとっては大変なことだったようです。でも、担当した子が勉強熱心でがんばってくれたんで、シャルロットはもっといろんな技法を使って成長してほしいなあと思うのでした。

シャルロットも、以前いたケーキ屋のオーナーがチョコレートの修行にフランスにいったということで、チョコレート細工が得意なオーナーだったのです。そんなオーナーに毎週1日チョコレートを作る日を与えられて、ほんとうにいやでした。
ほんとうにいやだったんです。だって全身チョコまみれになるし(チョコまみれになるのはまだまだ未熟者ということさっ)
すぐブルーム出すし(チョコの失敗)
洗い物が大変だし
チョコレートすぐ固まってくるし

とにかく、めんどーなんですっ

でも、今思うと意外と楽しかったのにねーと思います。
まだまだ修行の身ですが。

そんなシャルロットのバレンタインデーというと、今年はプリンを作りました。相方さんがチョコレートがお嫌いですので。某社「なめらかプリン」っぽい、超柔らかプリンを作りましたーーー。

究極のプリンの作り方・・・・・・。
まず、卵黄だけで固める
めちゃくちゃ低温で焼き上げる
ふたをして焼き上げる
ゆるゆるのうちにオーブンから出す
プリン生地の温度は結構ぬるくする

うまかったです
スポンサーサイト
お菓子は人を喜ばせるもの・・
昨日シャルロットは、某ボランティア団体による寄付活動に参加しました。というのも、シャルロットのケーキ屋とつながりのある某デパートのボランティアと一緒に行き、特大ケーキの差し入れを孤児院にもっていったのです。

最初シャルロットは孤児院に行くとは知らず、ケーキのカットに行くとしか聞かされていませんでした。
約50センチ×30センチのイチゴたっぷりのケーキを運び、その孤児院に到着。

某デパートの担当者はDVDのプレゼントでしたので、一緒にケーキをはこびました。聞くところによると、そこには訳ありの子供たちがたくさん。

実はシャルロットはあまりこのような境遇の子供達がいることを詳しくは知りませんでした。それぞれが、親がいなかったり、家庭の事情であずけられたりという子供たちばかりでしたが、そんな背景を微塵もかんじさせず、とても明るい子たちばかりでした。

もちろん、ケーキの箱を開けた瞬間は「わあああ」っとみんなが集まってきて大喜び。

DVDより喜んでもらえた・・・・・・・!
ケーキのカットをしている最中は、子供たちは目を輝かせてそのケーキが食べられるのを待っていました。

ほんとうに小さい幼児もいて、ほんとうにかわいかった。

最後はコック服を着ているシャルロットに「ありがとーー」「またきてねー」と何回も何回も言ってくれました。ほんとうに素直でかわいい子供たち。

改めて感じたことは、真っ白なケーキに赤いいちごが載っているケーキは、本当に特別でうれしいものということ。日々忘れていたスペシャルな気持ちを思いださせてくれました。そして、口に運ぶ嗜好品は人をこんなにもうれしくさせることを改めて感じました。

孤児院の子供たちのそういったスペシャルな喜び、目のあたりにして考えさせられるものがありました。毎日の当たり前のものが、特別なことに変わる。それが、シャルロットがぼんやりと求めているものかもしれません。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。